スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2011年10月29日

正応寺で田舎歩きとガネ作り体験

今週も先週に引き続き、雨マークの天気予想でしたが
朝には雨も降っていなくて、めでたくプログラム開催となりました。

安久・正応寺の田舎歩きとガネづくり体験の模様です。



ガイド石井和郎さんのあいさつから始まったプログラム。
今日のコース、天気なども含めての説明です。



さぁいよいよプログラムスタート。



宥政上人の墓地の前。この道向かいに
この地区の名前の由来になったお寺があったそうです。

天台宗から途中で真言宗のお寺に変わったことなどを
聞きました。

お墓の中にはサンスクリット語で書かれたものもあります。
昔のお坊さんはサンスクリット語を
どこまで理解していたのだろうということに想いを馳せ、
さらに山の中に…。



山を分け入ると突如、墓石がごろごろ転がっているところへ
昔はここがお坊さんのお墓だったとか…。
野の花を摘んでお供えし、塩で清めて
山の中でしばし過ごす一行。



山の中には、太い蔓が巻ついている杉の木を発見!!
まるでご神木に綱が巻いてあるようです。



水戸黄門に出てきそうな竹林の細い道に分け入って…。
六ヶ村城を目指します。





六ヶ村城の展望台は都城盆地が視界広く
望めるところ。天気は少し悪いですが、
眼下を望むと都城・三股まで見えました。







六ヶ村城から帰ってきて、いよいよお昼ご飯。
正応寺のいつも笑顔の奥様方のこころのこもった
お昼ご飯。
だご汁は、他のところのだご汁と違い、柔らかく
おいしいです。

8名の参加者でしたが、和気あいあいみなさんで
お話ししながらのまちあるき。
ほのぼのしたいい時間でした。

田舎のどこか懐かしい景色を観ながら
歩いた後に心のこもったお昼ご飯。

これだから、ボンパクは楽しい。
そんなひと時でした。

佐土原


  


2011年10月22日

石山地区の歴史秘話と、観音池ポークのお昼ご飯

雨降らなくてよかったぁ~。
昨日は、土砂降りでしたが、今日は何とか大丈夫。
予定通り、プログラム開催!
5月のボンパクプログラムを延期しての開催。
これでまた雨だったら…。

6名のお客様と楽しいプログラム。
写真で紹介していきます。



ガイドの中山靖夫さん、馬頭観音の前で嬉々、
参加者にご説明中。



田舎道を歩くと飼料を発酵させた甘い香りが…。
これを田舎の香水と呼んだりします。



参加者が見つけた烏瓜。
笑顔で記念写真。



畜産農家・飯盛さん宅で昨年の口蹄疫の影響など聞いた。
跡取りがいる恵まれた農家さん。
秘訣は、昔からお手伝いをさせていたこと、
楽しそうに農業していたこと、
経営状況も長男さんに見せていたこと。



雲間からキタァー。
霧島だぁ~。
みんなで記念写真。



こちらは田んぼの守り神。
田の神さぁと記念写真。
しゃもじと茶碗を持っているのがラブリー。



こちらは、御夷申。
疫病退散のための石塔ですが、
わざわざ、石塔をよけてブロックを
積むあたりに信仰心を見て取れます。



おやつは、ばあばのフルーツポンチ。
地獲れのレモンが効いています。



むかご発見!
帽子や傘を受け皿に叩いて落とします。
晩御飯に入れよう。



傘にたくさん取れました。





田んぼの中にポツンと古墳と鳥居が…。
ここが鳥井原。
記念撮影は欠かせません。





最後のお待ちかね。
観音池ポークのしょうが焼き定食。
ほりきりドライブインでお食事。
観音池ポークを食べれるお食事処、
お探しの方は是非どうぞ。
ここはちゃんぽんも最高ですよ。
お店の方のスナップショットもどうぞ。



最後は帰りがけに見た霧島。
肩から両側に落ちるすそ野がきれい。
茶畑と霧島と…。

参加していただいた方、
ありがとうございます。
来週は、安久・正応寺のプログラムです。
また、お会いしましょう。

佐土原
  


2011年10月12日

ゆずの香りにつつまれて。。。ゆず加工体験

皆さんお元気ですか~???
秋の美味しいものをたくさん食べてふっくら一直線のボンパクスタッフ本蔵です。



実は曽於市は「ゆず」の生産高九州一!
って知ってました?絞ってもよし、香りもよしの
ゆずを収穫して絞ってお料理体験してみませんか?

身体にゆずの香りが染み付いてうっとり気分間違い無し!



ゆずの香りにつつまれて。。。 「ゆずの収穫・加工体験」
1.日時     10月30日(日)・11月6日(日) 8時30分~13時
2.対象者 曽於市内外の誰でも(定員30人)
3.概要 ①ゆず畑で収穫体験
②ゆずの搾汁工場を見学
③ゆず絞りの体験(手押し絞り器)
④ゆずジュース・ゆず菓子の料理体験
4.参加料    500円/人(保険・ゆずのお土産・加工体験の材料) 
5.定員 各30人(先着順)
6.集合場所・時間 末吉総合センターの正面玄関・8時10分
電話:0986-76-7100
7.主催 曽於市観光特産開発センター
8.共催    曽於市役所
9.申込み先   曽於市観光特産開発センター
電話:0986-28-0111
            FAX:0986-79-1147
10.申込み事項  氏名、年齢、住所、電話番号(代表者のみ)
なるべく第1希望日、第2希望日の両方を教えて下さい
11.申込期限  10月23日